みどころ

漫画家・古舘春一氏による高校バレーボールを題材とした人気漫画『ハイキュー!!』。2012年より週刊少年ジャンプで連載開始した本作品は、宮城県を舞台に、県立烏野高校バレーボール部に所属する日向翔陽(ひなた・しょうよう)がかつての同バレーボール部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄(かげやま・とびお)をはじめとした魅力的なキャラクター達と共に切磋琢磨し成長する姿を描いた王道スポーツ漫画です。コミックスの累計発行部数は4,000万部を突破し、2020年7月に連載が完結しました。

そしてこの度、2018年に仙台市で開催して以来、約2年ぶりとなる原画展を開催します。秋には物語のはじまりの場所でもある仙台にて、冬には本作品初となる待望の東京での原画展開催となります。

古舘春一氏の直筆原稿の展示に加え、本展のために新たに描きおろされた展覧会公式ビジュアルの展示や展覧会オリジナルグッズの販売も行います。

連載完結記念となる「ハイキュー!!展」に是非ご来場ください。

作品紹介

著者は古舘春一(ふるだて・はるいち)。「週刊少年ジャンプ」2012年12号より連載を開始。バレーボールに懸ける高校生たちの熱い青春ドラマが人気を博し、TVアニメ化や演劇化もされている次世代王道スポーツ漫画作品。シリーズ累計発行部数は4,000万部を越え、2020年7月に連載が完結した。

著者紹介

1983年3月7日、岩手県出身。2009年に赤マルジャンプ2009WINTERにて読切作品『アソビバ。』でデビュー。2010年に『詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。』で初連載。2012年から2020年まで『ハイキュー!!』を連載。

古舘春一先生コメント

また原画展を開催していただけるということでありがとうございます!
今回は仙台と東京です!
仙台へお越しの際はぜひお土産を買って美味しいご飯を食べて帰ってね!

 

ハイキュー!!展 仙台会場 みどころ

会場MAP

展示コーナー紹介

烏野高校排球部

終わりと始まり

日向・影山の中学時代の原画を展示。すべての始まりはここに・・・!

 

烏野高校排球部

烏野高校のメンバーが、チームとして始動するまでの原画と共にお出迎え。プロフィールも必見。

 

IH予選

鉄壁

鉄壁の向こう側はどんな景色だろうか…。影山、日向がエースの前の道を切り開き、伊達工の鉄壁を打ち破る!

 

春高予選

才能とセンス

あの敗北を超えて来い。3度目の対決となった青葉城西との一戦。及川、影山のセッター対決や山口の成長に注目。

 

コンセプトの戦い

エース牛島率いる絶対王者白鳥沢との一戦。個の力でねじふせる白鳥沢とチーム力で挑む烏野、それぞれの迫力あるグラフィックにも注目。

 

東京都代表決定戦

陸VS空 蛇VS猫

東京都代表決定戦。代表3枠をかけた試合が開幕。音駒の展示を中心に、木兎擁する梟谷とクセ者揃いの戸美との戦いを見届けよう!さらに、全日本ユース合宿、宮城県1年生選抜を通して変化する影山と日向が…。

 

春高本戦

バケモンたちの宴

高校バレー界最強ツインズの宮兄弟擁する「最強の挑戦者」稲荷崎高校。宮兄弟の“双子速攻”やブロッカーを操る角名たちに翻弄される中、烏野メンバーが大きく成長する!

 

ゴミ捨て場の決戦

因縁の宿敵である音駒高校。念願叶ってのゴミ捨て場の決戦をストーリーに沿った展開で展示!「もう一回」が無い試合。音駒との決着をこの目に焼き付けよう!

 

小さな巨人VS最強の囮

最小スパイカー達が火花を散らす。「小さな巨人」の名をかけ鴎台の星海と戦う。日向が小さな身体でもがき、挑み続けた先にみつけたものとは!?

 

終章

挑戦者たち

ブラジルで2年間のビーチバレーの修業を経た日向は、Vリーグで影山との対決が実現。牛島、星海、宮侑、木兎、佐久早ら妖怪世代が始まりの地、仙台で激闘を繰り広げる。

 

 

展示原画の紹介

仙台会場の展示原画を一部公開!!

仙台会場で展示されるカラー原画の一部を公開!さらに、古舘先生描きおろしの原画を初解禁!烏野メンバーは空白の2年間の内容に!!

※描きおろしは東京会場でも展示予定です。